夜発3日間富士宮口/富士吉田口往復夜行 仮眠なし日帰りプラン

静岡県側富士宮口ルート特長
◎吉田口についで山小屋が多い
◎夏場はほとんどの山小屋で御来光が見れる
◎登下山ルートの距離が最も短い
×登山道と下山道が同じで混雑しやすい
×登山道が直線的で急登が続く
富士宮口ルート概要(イメージカラー:青色)
五合目都道府県:静岡県
五合目高度:2,400m
往復距離:11,000m
登り時間(目安):300分
下り時間(目安):160分
山梨県側吉田口ルート特長
◎山小屋が多く救護所もあり初心者も安心
◎ルート上どこでも御来光が見れる
◎観光地並みに登山口が賑わっている
×人気コースなので混雑することが多い
×異常に混雑する場合がある
吉田口ルート概要(イメージカラー:黄色)
五合目都道府県:山梨県
五合目高度:2,305m
往復距離:16,000m
登り時間(目安):340分
下り時間(目安):140分

夜発3日間富士宮口/富士吉田口往復夜行 仮眠なし日帰りプラン お申込み

静岡・富士宮口登山コース
1名様より出発保証
山梨・吉田口登山コース
1名様より出発保証
選べるバスタイプ
このプランは以下のバスタイプをお選びいただけます!
3列シート・トイレ付バス:片道2,000円
のびのび・トイレ付バス:片道1,500円
レディース4シート:片道1,000円

レディースシート(女性専用席)は、男女混載の3列シートの後方席となり、最後列は4列シートとなります。
※座席は日程により異なり、座席指定はできません。

  • 富士宮ルート ⇒⇒⇒ 往路スタンダードバス/復路選択可
  • 吉田ルート ⇒⇒⇒ 往復選択可

富士宮口登山ルート紹介

新五合目イメージ写真
新五合目
ここから登山を開始いたします。山小屋は新五合目レストハウスのみで全員ここからの出発となります。
富士宮口登山道中イメージ写真
富士宮口登山道中
距離が短い分、急な上り坂が続きます・・・
山小屋イメージ写真
山小屋イメージ
山小屋は合目に1つ位の間隔です。山小屋には売店やトイレがあります。
富士宮口登山道中イメージ写真
富士宮口登山道中
昼の登山で天気がよければ下界の駿河湾を一望できます。
富士宮口ルート登頂イメージ写真
富士宮口ルート登頂
富士宮口の山頂付近には富士山浅間神社奥宮や、富士山頂郵便局があり、最高峰剣ヶ峰3776m地点にもっとも近いルートです。
山頂御来光イメージ写真
山頂御来光
富士宮口ルート山頂から見た御来光
日程 スケジュール 食事
1日目 福山・倉敷・岡山・姫路・三ノ宮・岸和田・難波・梅田からは連絡バスにて新大阪まで移動して乗換
福山[18:30発]倉敷[18:30発]岡山[19:00発]姫路[20:30発]岸和田[20:35発]三ノ宮[20:50発]難波[21:25発]梅田[21:50発]新大阪[22:10発]京都[23:10発]草津[23:55発]=車中泊
[×] [×] [×]
2日目 =<名神・東名高速>=
早朝に時間調整を兼ねて静岡駿府温泉「天神の湯」にて待機 (希望者は入浴[現地申込支払600円]・朝食[500円/事前申込・事前支払])=
<東名又は新東名高速><富士山スカイライン>=富士山五合目・富士宮口[9:00頃着](休憩・昼食・出発準備)五合目より登山開始・・・〜フリー登山〜富士山五合目・富士宮口<路線バス/富士急静岡バス>=花の湯入口
【富士山五合目(富士宮口)⇒花の湯入口間路線バス時刻表】
①16:30発⇒17:44着  ②18:00発⇒19:14着
③19:00発⇒20:04着
富獄温泉花の湯(入浴・食事など)[23:10発]
[朝]※ [昼] [夕]
3日目 草津[5:00頃着]京都[6:00頃着]新大阪[6:50頃着]大阪[7:00頃着]難波[7:20頃着]
【スタンダードバスのみ】三宮[8:20頃着]
[×] [×] [×]

※2日目の朝食は、プランにより異なります。

※福山発は毎週金曜日運行。2,500円の割増がかかります。

※姫路発着は片道につき1,000円の割増、岡山発着は片道につき2,000円の割増がかかります。

※倉敷発は2,000円の割増がかかります。

※三ノ宮・岸和田発は7/13~の設定となり400円の割増がかかります。

※富士山五合目(富士宮口)⇒花の湯入口の間は現地路線バスをご利用いただきます。路線バス代金はツアー代金に含まれておりチケットをお渡ししますので、ご利用の上ご乗車ください。

吉田口登山ルート紹介

スバルライン五合目イメージ写真
スバルライン五合目
富士急雲上閣から見た賑やかな五合目の景色。休憩・宿泊所や小御岳神社などがあり賑わっています。
吉田口登山道中イメージ写真
吉田口登山道中
六合目までは平坦な道のりが続き、山頂を見上げると数多くの山小屋が確認できます。
山小屋イメージ写真
山小屋イメージ
七合目以上の山小屋だけでも14箇所あります。安全指導センターなどもあり初心者には安心です。
吉田口登山道中イメージ写真
吉田口登山道中
昼の登山で天気がよければ下界に山中湖がみれます。道中のどこからでも御来光を見ることができます。
吉田口登山道登頂イメージ写真
吉田口登山道登頂
吉田口の山頂付近には山小屋が4件並び、賑わいをみせています。混雑時にはお祭り騒ぎになっています。
山頂御来光イメージ写真
山頂御来光
吉田口ルート山頂から見た御来光
日程 スケジュール 食事
1日目 福山・倉敷・岡山・姫路・三ノ宮・岸和田・難波・梅田からは連絡バスにて新大阪まで移動して乗換
福山[18:30発]倉敷[18:30発]岡山[19:00発]姫路[20:30発]岸和田[20:35発]三ノ宮[20:50発]難波[21:25発]梅田[21:50発]新大阪[22:10発]京都[23:10発]草津[23:55発]=車中泊
[×] [×] [×]
2日目 =<名神・東名高速>=
早朝に時間調整を兼ねて静岡駿府温泉「天神の湯」にて待機 (希望者は入浴[現地申込支払600円]・朝食[500円/事前申込・事前支払])=
<東名又は新東名高速><富士スバルライン>=富士山五合目・吉田口[9:00頃着](休憩・昼食・出発準備)五合目より登山開始・・・〜フリー登山〜 富士山五合目・吉田口[19:30発]=<富士スバルライン>=ふじやま温泉(入浴・食事など)[20:10頃着〜22:15発]
[朝]※[昼] [夕]
3日目 草津[5:00頃着]京都[6:00頃着]新大阪[6:50頃着]大阪[7:00頃着]難波[7:20頃着]
【スタンダードバスのみ】三宮[8:20頃着]
[×] [×] [×]

※2日目の朝食は、プランにより異なります。

※福山発は毎週金曜日運行。2,500円の割増がかかります。

※姫路発着は片道につき1,000円の割増、岡山発着は片道につき2,000円の割増がかかります。

※倉敷発は2,000円の割増がかかります。

※三ノ宮・岸和田発は7/13~の設定となり400円の割増がかかります。

スケジュールは予定です。変更する場合があります。
必ず全コース共通インフォメーションをご確認ください。

到着前時間調整について(静岡・駿府温泉天神の湯)

到着前時間調整について(静岡・駿府温泉天神の湯)
往路途中早朝に時間調整も兼ねて施設駐車場にてバスを待機させます。その際にご入浴・朝食をいただくことが可能です。
【利用施設】駿府温泉 天神の湯
◆希望者は入浴可(有料600円/現地申込・現地支払)
◆朝食バイキングをご利用可能(有料500円/事前申込・事前支払)
※現地申込・支払の場合は800円

富士宮口入浴施設について

<span>富士宮口</span>入浴施設について
◆タオル・バスタオル無料貸出
◆ドライヤー・シャンプー・石鹸は浴場に完備
【利用予定施設】富嶽温泉 花の湯

吉田口入浴施設について

<span>吉田口</span>入浴施設について
◆タオル・バスタオル無料貸出
◆ドライヤー・シャンプー・石鹸は浴場に完備
【利用予定施設】ふじやま温泉

夜発3日間富士宮口/富士吉田口往復夜行 仮眠なし日帰りプラン お申込み

静岡・富士宮口登山コース
1名様より出発保証
山梨・吉田口登山コース
1名様より出発保証
選べるバスタイプ
このプランは以下のバスタイプをお選びいただけます!
3列シート・トイレ付バス:片道2,000円
のびのび・トイレ付バス:片道1,500円
レディース4シート:片道1,000円

レディースシート(女性専用席)は、男女混載の3列シートの後方席となり、最後列は4列シートとなります。
※座席は日程により異なり、座席指定はできません。

  • 富士宮ルート ⇒⇒⇒ 往路スタンダードバス/復路選択可
  • 吉田ルート ⇒⇒⇒ 往復選択可

荷物・服装のご案内

帽子
ハット・キャップ型どちらでもOK。必需品!!
手袋
寒さよけ、ケガを予防するためにも必要。
Tシャツ
下着として着用もでき、暑ければ上着を脱いでTシャツ一枚になってもいいので便利。
ズボン
伸縮性があれば普通のズボンでもOK。Gパンは乾きが悪く不可。
くつ下
マメや靴ずれを防ぐために厚手のものを。
服装についてアドバイス
上着
体温の調整を素早くするために脱ぎ着しやすいもの。
下着
汗をかくので下着は必ず用意しよう。
ステッキ
下山時にヒザへの負担が軽減される。あれば便利。
スパッツ
砂が靴の中に入るのを防いでくれます。あれば大変便利。
砂が入りにくく、足首まで保護できる物が望ましい。靴底がしっかりしたハイカット(くるぶしを被う深い靴)のものがおすすめ。
ザック
80Lが目安。雨天用にザックカバーも用意しよう。 ザック
雨具
山の天気は変わりやすいので必ず持参を!上下別のセパレート型がよい。ゴアテックス製がおすすめ。 雨具
着替え
汗をかくので必要!雨天時は濡れるのでビニール袋に入れておこう。 着替え
ヘッドライト
夜明け前に歩きはじめます。必需品! ヘッドライト
防寒具
フリースや保温性のある衣類。さらにその上にスキーウェア、厚手のレインスーツなど風を遮れるものを。 防寒具
軽食類
おにぎりやパン、好きなものでかさばらない物。チョコレートなど・・疲労回復時の即効性のある工ネルギー源として役立つ。 軽食類
飲料水
500ml2本が目安。割高ですが山小屋での購入も可能。 飲料水
酸素
一缶あればイザと言う時に助かります。 酸素
その他
時計・タオル・ゴミ持ち帰り用袋・携帯電話・ティッシュペーパー等 その他
●登山道具のレンタルについて
何を揃えたらよいのかわからない! そのような方々におすすめです!
ラド観光特別割引10,000円以上のお申込で10%OFF 登山予定が決まれば「やまどうぐレンタル屋」へ
ラド観光専用 予約コールセンター:050-5865-1615
ホームページからのご予約はhttp://www.yamarent.com/
なにもないので全てを借りたい方にはフルサポートセット 全部は必要ないという方にはマストアイテムセット